ハヤテのごとく 第14話「ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント」| ホーム | ハヤテのごとく 第12話「僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく 第13話「夏を制する者は受験を制するらしいっすよ」

ハヤテのごとく「天の声」(By若本規夫)語録。

※若本規夫氏の独特な節回しを想像しながら、読んでみてください。


・オープニング

執事 それは仕える者。
執事 それはかしずく者。
執事 それは主(あるじ)の生活すべてをサポートするフォーマルな守護者。
そう、これは一人の少女のため、命をかけて戦う少年の、超コンバットバトルストーリーなのである。


ここはいつも同じ?


 ハヤテ「皆さん、今日も「ハヤテのごとく」をご覧いただき、ありがとうございます。
 さあ、一緒に主題歌を歌いましょう!」
(歌スタート)

~♪だいーち(大地)に駆ーけたー、僕らのゆーくえー(行方)。
 突き抜けーるぅはやーて(疾風)のー、ごーとーく。…♪~



・Aパート

※天の声、ありませんでした。Bパートへどうぞ。


・Bパート

 雪路「とーにかく、編入試験を始めるのでついてきなさい!
 課題はずばり、レドモンド式面接試験よ」
 ハヤテ・ナギ「はぁ?」

レドモンド式面接試験とは・・・。
近年、企業採用で急速に用いられるようになった、真の知性を試す論理問題のことである。
「マンホールのフタはなぜ丸いのか?」
などの難問奇問を論理的に回答し、暗記に頼らない、本当の頭の良さを根本から問う試験なのだッ。


 ハヤテ「なるほど、さすが天下の白皇学院。編入試験も一味違いますね」


 ハヤテ「分かりましたよ」
 ナギ「あっ」
 ハヤテ「この問題のポイントはずばり、バナナのつってある高さです。
 じつはバナナは、手を伸ばせば届く高さにある。
 だから周りの道具はすべてまやかし。
 正解はずばり、道具を使わずに手で取る、です。
 これが正解。(バナナを取る)
 うぉ?
(お腹をすかせたサルの群れがハヤテを見ている)
 あぁ」

上手にエサが取れず、空腹に耐えるサルたち。
唯一のエサ。


 ハヤテ「あーくっそ。そうきたか。なるほどねえ。
 (バナナの皮をむきながら)
 ってことはなんだかんだで、今回は久々に血まみれか。だけどねえ、
 (バナナを食べる)
 これに勝たなきゃ僕だって、学校に行くことが、できないんだー。
 (サルに向かって)
 はぁああああああ!」
 サル「ウキィーーーー!」
 ハヤテ「うぉおおおおおお!  いっくぞーーーーー!」


 雪路「じゃあ、冗談はこれくらいにして、試験、始めよっか」
 ハヤテ「えっ! 冗談なんですか、これ?」
 雪路「そーりゃ、こんな試験で知性が試せるなら、苦労ないわよ」
 ハヤテ「だったら、何のためにこんなことさせたんですか」
 雪路「なんていうか、この前のお礼に、緊張をほぐしてあげようかと」
 ハヤテ「いらないですよ、こんなお礼」

かくして、肉体的にも精神的にもかなり悪い状態で、ハヤテは試験に臨みぃ、

 ハヤテ「落ち着け、とにかく落ち着け」 頭から煙がボッボッ


 雪路「えっ、理事長。この通知を、三千院家に届けるんですか?
 ですが、理事長、心なしか、文字が一文字多い気がするんですが」
 理事長「いやぁ、合格ラインまであと1点だったのですが、惜しかったですねぇ」
 雪路「は、はぁ」
 理事長「もっと落ち着いて回答していれば、受かっていたかもしれないのに。
 本当に惜しかったですね」
 雪路「あぁー」
 理事長「と、いうわけで、よろしくお願いしますね。桂先生」
 雪路「はいぃー」

一方、そうとは知らない三千院家では、

 ナギ「とりあえず気が早いが、合格祝いでもしようか」
 ハヤテ「えぇ? ほんとですか。うれしいなあ」

すでにお祝いモードに突入していたぁ。


歩、飲食店をのぞいてなにしてるかと思ったら、すぐに食べられる店を探してたのね。
大食いだから周りの目も気になるし。

ハヤテ「妹のことが心配な兄の気分はこんな感じなんだろうな。これじゃあ当分恋人なんて。お嬢様だけで手一杯だよ」
ほーぅ、ここから恋に発展、っていう展開はよくあるパターンだが。

クラウス「(編入試験に)受からなければ執事もクビってことで」
ハヤテ「いいですよ。皆さんにご覧いただきます。僕の、僕の本気をー!」
ハヤテ、いったね。(白皇学院の偏差値は65以上)←がんばれ、ハヤテ。
ナギ「ちなみに編入試験は明日だぞ」←そういうことはもっと早く言え、ナギ。
マリア「でも本当にだいじょうぶかしら、ハヤテ君。前の学校の成績から考えて、正直ぎりぎりですわね」

ハヤテの邪魔をしにきた人その1
・クラウス「私の受験体験談を聞かせにきた」
・クラウス、幼い時の顔が変わっていなくて不気味

ハヤテの邪魔をしにきた人その2
・タマ「お前に白皇学院の受験問題の傾向と対策を教えてやろうと思ってよ」
・タマ、屋根から侵入(単なる冷やかし)

ハヤテの邪魔をしにきた人その3
・雪路「えっへへへへ。白皇学院の編入試験は、そんな普通のものとお思いかしら」
・試験官、美しき(?)世界史教師なのね


・「ヘのツッパリはいらんのです、お嬢様」 筋○マン
・ハヤテの見ている参考書、表紙はデ○コ?
・「絶対運命黙示録」 ウテ○だ


次回 「ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント」


アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析!
ハヤテのごとく! 感想


Amazon
ハヤテのごとく! 04
ハヤテのごとく! 04

楽天
ハヤテのごとく!



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サイト目次

ハヤテのごとく! レビュー
第1話 運命は、英語で言うとデスティニー
第2話 三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち
第3話 世界の中心でアイを叫んだり叫ばなかったりな獣とロボと執事
第4話 はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない
第5話 不用意なボケと優しさが不幸を呼ぶ
第6話 時が見えると君は言うけど、たぶんそれは走馬灯
第7話 男の戦い
第8話 ネコミミ・モードで地獄行き
第9話 エロイムエッサイム、ウシくんウシくん!なんだいカエルくん?
第10話 世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ
第11話 僕の命の価値はプライスレス
第12話 僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった
第13話 夏を制する者は受験を制するらしいっすよ
第14話 ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント
第15話 サムライ、ブシドー、動くヴァンダム
第16話 負けてもマケンドー
第17話 あなたのためにメイッぱいナギ倒します
第18話 レアカードは水着です
第19話 サキさんのヤボ用(全国版)2007
第20話 本は好きですが、歌え大竜宮城
第21話 ピーターさんもいい迷惑
第22話 カポーンって擬音は誰が考えたんだろう?スゲーよね
第23話 ちびっ子ではない天才先生来たる
第24話 モテすぎて困る苦労はしたこと無いなぁ~
第25話 心を揺らして
第26話 お届けまで29分でしたので、規定通りの料金でお支払いお願いします……は、遠い前世紀の話
第27話 ハヤテ大地に立つ
第28話 黒いハヤテ
第29話 見合
第30話 美人お嬢さま名探偵は見た!湯けむり女教師殺人事件
第31話 お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか?
第32話 魔物ハンターようこそ伊澄、とナベシン
第33話 なぜだ?!学院文化祭・前編
第34話 なぜ死んだ?!学院文化祭・後編
第35話 必見!ナウなヤングのための最新オシャレデートスポット完全ガイド2007
第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人
第37話 普通の女の子に戻りたい、でもキャラソンは買ってね
第38話 危うしハヤテ!機能完全停止!!
第39話 よいこの友達 借金執事万才!
第40話 おせちもいいけどハヤテもね
第41話 先生さよなら絶望~卒業スペシャル
第42話 それは犬と鼠とブルドッグのように
第43話 ポセイドンアドバンス ジェネレイターガバス
第44話 就職率120パーセントの謎(仮)
第45話 二月のマリアさん感謝デー!ですわ
第46話 奴の名は魔球投手ワタル!!!
第47話 そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど…
第48話 ヒナ・ラブ
第49話 普通の話
第50話 クイズ! 宿敵と書いて友と読む!!
第51話 春
第52話 RADICAL DREAMERS


ハヤテのごとく 第14話「ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント」| ホーム | ハヤテのごとく 第12話「僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。