ハヤテのごとく 第35話「必見!ナウなヤングのための最新オシャレデートスポット完全ガイド2007」| ホーム | ハヤテのごとく 第33話「なぜだ?!学院文化祭・前編」


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハヤテのごとく 第34話「なぜ死んだ?!学院文化祭・後編」

ハヤテのごとく「天の声」(By若本規夫)語録。

※若本規夫氏の独特な節回しを想像しながら、読んでみてください。


・オープニング

執事を制する者世界を制する。
今地球を揺るがす、執事対戦の火蓋が切って落とされたぁ。


ここはいつも同じ?


 ナギ「見ていろ、私のマンガの力で世界をこの手に!」
 詩音「てお前、ほんとに催眠かかってんのかよ!」
(歌スタート)


・Aパート

 ハヤテ「あ、すみません。
 (携帯「桂ヒナギクさん」)
 ヒナギクさん?
 あのーもしもし、おはようございます」
 ヒナギク「ハヤテ君、のんきにあいさつしてる場合じゃないわ」
 ハヤテ「え」
 (白皇学院へ)
 ハヤテ「どうしたんです、ヒナギクさん」
 ヒナギク「見て」
 ハヤテ「あ。こ、これは!
 (まるでコミ○?)
 えーと、ここ、白皇学院ですよね?」
 ヒナギク「ね? 変な建物だと思わない?」
 ハヤテ「いやあ、建物の形よりも、驚くことはいろいろあると思いますけど」
 ヒナギク「これっておおかた、ナギの仕業なんでしょ?」
 ハヤテ「え、なんでですか?」
 ヒナギク「だって、おもてにマンガのキャラとか描いた車がいっぱい停まってたし、アニメ好きの人の車って、みんなああなんでしょ?」
 ハヤテ「い、いや、ごく一部だと思いますけど」

ともあれそこには今年の年末にも行われるであろう東京○ッグサイトの、漫画祭りと寸分たがわぬ光景が広がっていたぁ。
飛び交う同人誌、抱き枕などのキャラクターグッズ、同人音楽CD、企業ブースは会場限定フィギュア、会場限定特典付きDVD、ちなみにわれらが、ロンドローブブースの非売品のCDを配布(はーいふ)中。


 ジェネオン松田「ジェネオンブースに便乗(?)した、有明限定非売品CD配布中でーす」

なーんか心当たりのあるご家族の皆さんもどうかご心配なく。
あと、お子さんが買ってきたものを見たりしないように。
引きこもりの原因となりますからして。


 ハヤテ「うわぁ、人がゴミのようだ」 ラ○ュタ
 千桜「女子トイレの数が少ない、更衣室以外で着替えをしている人がいる、転売屋をなんとかしろ、カ○ミのグッズが買えなかった、ほかにもつり銭が…、」
 ヒナギク「もういいわ、ていうか、うちの文化祭とぜっんぜん関係ない苦情じゃないの、それ」
 愛歌「そうですねえ」
 千桜「しかし、この規模のイベントを一晩で開く理事長もすごいですが、聞きつけてやってくる客も、さすがですね」
 ヒナギク「感心しないの。
 ほおっておくと、毎年こんな感じになっちゃうから」
 愛歌「ものすごい利益を上げられそうですよね」
 ヒナギク「そうじゃなくて、こんなに人集めたら、今にお客さんがけがとかしそうで危ないって言ってるの!
 なんとかしないと」
 ハヤテ「あの、僕、お嬢様を捜してきます」
 ヒナギク「あ?」
 ハヤテ「きっとこれ、お嬢様が理事長に力を貸しているのが原因だと思うんですよ。
 そして、それも元はといえば、お嬢様をおひとりにしてしまったから…」
 ヒナギク「あ…」


 キリカ「主と執事の対決か。
 ふふ、おもしろくなってきた」
 ナギ「ふん、勝つのは私だ」
 ハヤテ「でもヒナギクさん、同人誌の売り上げ勝負っていわれても、うちの店、執事喫茶ですよ」
 ヒナギク「あ、たしかに、それはそうね」

かくして両陣営の戦いは開始されたぁ。

 売り子「せーの、ハートがキュートで、ウッキウキ!」
 「世紀末伝説マジカルデストロイ、好評発売中!」
 客「ウオー!」
 売り子「購入希望の方は三列に並んでくださーい」


・Bパート

 キリカ「(学園放送を見ながら)
 ん、ケーキだと。
 う(思わずよだれが)、おっと、いかんいかん。
 敵もさるもの、だが臆することはない!
 一気に突き放すぞ!」
 売り子「は、はい」
 キリカ「むこうがケーキをつけるというのなら、こちらにも考えがある。詩音」
 詩音「は、はい。
 (ダーツの的(東○フレン○パークで見たことあるような…)を運んでくる)
 お待たせしました」
 キリカ「うん。
 三千院ナギの同人誌をお買い上げのお客様に、豪華残念賞をプレゼントするぞ!」
 客「おー!」
 キリカ「さあ、すでにお買い上げの皆様も、この機会にもう一冊どうかな?」
 ナギ「…ハヤテ」

終盤を迎え、戦いはさらにヒートアップ。
そして、


 歩「(負け犬公園で饅頭を食べながら)
 ハヤテ君どうしてるかな?」
 売り子「く・る・ま、く・る・ま」
 キリカ「なーんと、惜しい!
 残念賞の超豪華ホームシアターセット」 残念賞にする景品か?
 客「よっしゃ!」
 詩音「残念でしたね。
 はい、目録と同人誌です」
 客「ありがとうございます」
 キリカ「これにて、一冊残らず完売だ!」
 売り子「わー」
 (ゴミ箱に捨てられた同人誌が…)


 ハヤテ「お嬢様、催眠術が完全にとけたんですね!」
 キリカ「それがどうした。
 時計を見よ。
 (5時59分)
 もうすぐタイムアップ。
 しかし売り上げの差はもはや歴然。
 では生徒会の諸君、私の考えたこのうれし恥ずかしいメイド服で、私にご奉仕してもらおうか」
 (メイド服というより、コスプレだよこれは)
 ヒナギク「う…」
 ナギ「あ、(携帯が鳴る)
 もしもし」
 マリア「あ、ナギ。
 そろそろおかしな催眠術もとけて、ハヤテ君のところにいるかなーと思って」
 ナギ「あ、まあそうだけど、なんだ。
 今けっこうシリアスな場面っぽいんだけど」
 マリア「あら、ごめんなさい。
 でも、私もハヤテ君のケーキが食べたくて、SPの皆さんの分も含めて、買っておいてもらえます?
 2000人分くらい」
 ナギ「うん、分かった。
 ケーキ2000人分、マリアが買ってこいって」
 キリカ・詩音「う…」
 ヒナギク・生徒会三人娘「う…」
 ハヤテ「ありがとうございます。
 お持ち帰りですね」
 (6時の鐘が鳴る)
 ヒナギク「ど、どうやら、わたしたちの勝ちみたいね」

こうして、命を懸けた同人誌対決は終わったの巻。

 ヒナギク「それにしても、どうしてナギの催眠術はとけたのかしら」
 愛歌「さあ、どうしてですかね」
 ヒナギク「ずいぶんといいかげんね」
 ナギ「おい、急げハヤテ」
 ヒナギク「ん?」
 ナギ「急がないと後夜祭が終わってしまうぞ」
 ハヤテ「ちょ、待ってください。
 恥ずかしいですよ、お嬢様」
 ヒナギク「ハヤテ君、その格好は?」
 ナギ「ん、私をほったらかしにした罰だ。
 どうだ、似合うだろ?」
 ハヤテ「あ…」(ネコミミモード、恥ずかしそう)
 ナギ「あ、フォークダンスが始まったようだぞ。
 よーし、ハヤテ、一緒に…、あれ?」
 ハヤテ「やっぱりだめですよ、こんな格好」
 (逃げるハヤテ)
 ナギ「あ、こら、ハヤテー!」
 ヒナギク「やれやれ、ハヤテ君の苦労は変わらないか。
 たいへんね、負けず嫌いの相手は」
 千桜・愛歌「あ…」(あんたもだろ、ヒナギク)
 ヒナギク「な、なによその目は」
 千桜「いえ、別に」
 ヒナギク「いいたいことがあるならはっきりいいなさいよね!」
 (木の影から見ているキリカ・詩音)
 キリカ「女装か、綾崎ハヤテ、やっぱり欲しい!」
 詩音「んもう、葛葉様。
 (ヨウ君にかまれそうになり)
 わ!」

かくしてハヤテは、再び理事長に狙われる身となったとさぁ。
次回はナーウなヤングの町と戦います。



ハヤテ、詩音(男バージョン)に「ポエムの人」って…。
名前呼んであげればいいのに。

ナギ「仕事とプライベートを分けるのは、漫画家の基本なのだ!」
いや、どんな職業もそれ基本だってば。

ナギと話していた謎の男、名前だけ既出の姫神?
(原作ではまだ出てきていないようだが)


・「どこかのコミッ○パーティみたいな展開ですね」 分かんない

次回 「必見!ナウなヤングのための最新オシャレデートスポット完全ガイド2007秋」


アニメ情報局 新作・人気アニメを徹底分析!
ハヤテのごとく! 感想


Amazon
ハヤテのごとく! 09
ハヤテのごとく! 09

楽天
ハヤテのごとく!



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ハヤテのごとく!」レビュー2

アニメ「ハヤテのごとく!」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *キャラクター(声優):綾崎ハヤテ(白石涼子)、三千院ナギ(釘宮理恵)、マリア(田中理恵)、桂ヒナギク(伊藤静)、天の声(若本規夫)、他 *原作:畑健二郎 感想・評価・批評 等、...

  • From: アニメレビュー トラックバックセンター |
  • 2008/11/08(土) 03:58:48

サイト目次

ハヤテのごとく! レビュー
第1話 運命は、英語で言うとデスティニー
第2話 三千院ナギの屋敷と、新たなる旅立ち
第3話 世界の中心でアイを叫んだり叫ばなかったりな獣とロボと執事
第4話 はぢめてのおつかい~こちらスネーク。誰も応答しない
第5話 不用意なボケと優しさが不幸を呼ぶ
第6話 時が見えると君は言うけど、たぶんそれは走馬灯
第7話 男の戦い
第8話 ネコミミ・モードで地獄行き
第9話 エロイムエッサイム、ウシくんウシくん!なんだいカエルくん?
第10話 世にも微妙なハイデフレ。ゲームは積まずにプレイしろ
第11話 僕の命の価値はプライスレス
第12話 僕らは昔、宇宙の刑事に若さとは振り向かない事だと教わった
第13話 夏を制する者は受験を制するらしいっすよ
第14話 ちょっとちょっと!パーティー行かなあかんねん。早よして、ホント
第15話 サムライ、ブシドー、動くヴァンダム
第16話 負けてもマケンドー
第17話 あなたのためにメイッぱいナギ倒します
第18話 レアカードは水着です
第19話 サキさんのヤボ用(全国版)2007
第20話 本は好きですが、歌え大竜宮城
第21話 ピーターさんもいい迷惑
第22話 カポーンって擬音は誰が考えたんだろう?スゲーよね
第23話 ちびっ子ではない天才先生来たる
第24話 モテすぎて困る苦労はしたこと無いなぁ~
第25話 心を揺らして
第26話 お届けまで29分でしたので、規定通りの料金でお支払いお願いします……は、遠い前世紀の話
第27話 ハヤテ大地に立つ
第28話 黒いハヤテ
第29話 見合
第30話 美人お嬢さま名探偵は見た!湯けむり女教師殺人事件
第31話 お金持ちでキレイなお姉さんは好きですか?
第32話 魔物ハンターようこそ伊澄、とナベシン
第33話 なぜだ?!学院文化祭・前編
第34話 なぜ死んだ?!学院文化祭・後編
第35話 必見!ナウなヤングのための最新オシャレデートスポット完全ガイド2007
第36話 クラウスは倉臼と書いて日本人
第37話 普通の女の子に戻りたい、でもキャラソンは買ってね
第38話 危うしハヤテ!機能完全停止!!
第39話 よいこの友達 借金執事万才!
第40話 おせちもいいけどハヤテもね
第41話 先生さよなら絶望~卒業スペシャル
第42話 それは犬と鼠とブルドッグのように
第43話 ポセイドンアドバンス ジェネレイターガバス
第44話 就職率120パーセントの謎(仮)
第45話 二月のマリアさん感謝デー!ですわ
第46話 奴の名は魔球投手ワタル!!!
第47話 そりゃ安室には帰れる場所があったでしょうけど…
第48話 ヒナ・ラブ
第49話 普通の話
第50話 クイズ! 宿敵と書いて友と読む!!
第51話 春
第52話 RADICAL DREAMERS


ハヤテのごとく 第35話「必見!ナウなヤングのための最新オシャレデートスポット完全ガイド2007」| ホーム | ハヤテのごとく 第33話「なぜだ?!学院文化祭・前編」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。